三菱 eKカスタム/ワゴン 一部改良…ターボモデルにクルーズコントロールを採用

自動車 ニューモデル 新型車
三菱eKカスタム
三菱eKカスタム 全 2 枚 拡大写真
三菱自動車は、軽トールワゴン『eKカスタム』および『eKワゴン』のボディカラー展開を見直すとともに一部改良を施し、1月26日より販売を開始した。

ボディカラーについては、eKカスタムがライトニングブルーマイカを新たに設定した全6色を、eKワゴンはコーラルピンクマイカを新たに設定した全9色を展開する。

一部改良では、両車のターボモデル「Tセーフティパッケージ」に、高速道路などでアクセル操作の負担を軽減するクルーズコントロールを採用。eKワゴンの「E」グレードでは、リヤドア、リヤクォーター、テールゲートのガラスをプライバシーガラスとした。

価格はeKカスタムが129万1680円から165万8880円、eKワゴンが103万1400円から153万7920円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱のSUVラインアップ。左からデリカD:5、RVR、エクリプス クロス、アウトランダーPHEV、eK X(クロス)
  • デリカD:5 / デリカD:5 URBAN GEAR
  • 三菱 eKクロス、スズキ ハスラー、ダイハツ キャストアクティバ
  • 三菱 eKワゴン 新型
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/01/26/289314.html/article/2017/01/26/289312.html/article/2017/01/26/289315.html