スタンレー電気、LEDヘッドランプ採用車種拡大で営業益8.9%増 第3四半期決算

自動車 ビジネス 企業動向
スタンレー電気(ホームページ)
スタンレー電気(ホームページ) 全 1 枚 拡大写真
スタンレー電気は1月30日、2016年4~12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高2838億7900万円(前年同期比-8.0%)、営業利益は288億3800万円(+8.9%)、経常利益は309億0600万円(+13.3%)、純利益は190億6000万円(+10.9%)だった。

自動車機器事業は、前期、米州の金型会計処理の統一による一時的な売上の増加があったことと、為替が円高に推移したことが影響し減収となったものの、光源から一貫して製造しているLEDヘッドランプの採用車種が増加したことに加え、前期の一過性費用からの回復により、増益となった。

通期業績見通しは、減収増益とした前回予想を据え置いた。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ車や軽にも後付け可能なオートスライドドアキット
  • 車両周辺の凹凸や落下物を3D化して検知して、距離や状況を図る「3D Dtection System」など、光学技術を使った出展が注目されたスタンレーのブース
  • スタンレー電気ブース(オートモーティブワールド2019)
  • レイブリック『スライドドアオープナー』
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ