トランプ大統領の戦略政策フォーラム、GMのトップが参加…建設的議論を評価

自動車 ビジネス 企業動向
GMのメアリー・バーラ会長兼CEO
GMのメアリー・バーラ会長兼CEO 全 1 枚 拡大写真
米国のトランプ大統領が立ち上げた戦略政策フォーラム。2月3日、第1回目の会合が開かれ、GMのトップが参加している。

トランプ大統領が立ち上げた戦略政策フォーラムには、GMをはじめ、ボーイングやIBM、ゼネラル・エレクトリックなど、米国を代表する企業のトップ、16名で構成される。

2月3日、第一回目の会合が開かれ、GMのメアリー・バーラ会長兼CEOが参加。「強力で競争力のある米国経済を支え、雇用を創出し、安全性と環境問題に取り組む政策について、どういった方法で協力できるかについての建設的な議論になった」と評価した。

戦略政策フォーラムの狙いは、米国産業を強化するために、企業の意見を取り入れながら、規制緩和を進めること。メアリー・バーラ会長兼CEOは、「世界的に競争力があり、雇用を伸ばしている活気ある米国経済こそ、我々が求めているもの」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダとGMの燃料電池合弁会社が入るGMの米ミシガン州のバッテリーパック生産工場
  • 車内を除菌・抗菌して清潔な状態に保つ新アフターサービス「パーマセーフ」を開始
  • GMの米国テネシー州スプリングヒル工場
  • GMとLG Chemの合弁会社、ウルティウム・セル社のバッテリー工場の完成予想図
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ