モリタ プレスマスター、ドイツのiFデザインアワード受賞…ゴミ収集車では史上初

自動車 ビジネス 企業動向
モリタ プレスマスター
モリタ プレスマスター 全 2 枚 拡大写真
モリタホールディングスは2月13日、プレス式塵芥収集車「プレスマスター」が世界的デザイン賞である「iFデザイン賞」を受賞したと発表した。ゴミ収集車の受賞は史上初という。

iFデザイン賞は、世界中の工業製品を対象に毎年開催している、世界で最も権威のあるデザイン賞の一つ。2017年度は世界59か国から5575点の応募があり、各国の専門家で構成する審査員58名による審査の結果、プレスマスターに高い評価が与えられ、プロダクト部門において、iFデザイン賞を受賞した。

プレスマスターは、ゴミ収集の効率化と負担軽減、安全性の改善を目指し、2016年12月に発売したプレス式塵芥収集車。作業者の負担軽減を図るため、投入口の高さを約700mm以下に設計することで作業性を向上させた。また容積を4.3立方米(+5%)に拡大し基本性能を高め、デザイン性を大幅に向上させたことで、実用性と美しく力強いデザインを兼ね備えた製品となっている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ