トヨタ、ハイブリッド車の世界累計販売1000万台突破…未知のクルマが「普通」のクルマに

エコカー ハイブリッド
トヨタ・プリウス(初代)
トヨタ・プリウス(初代) 全 11 枚 拡大写真

トヨタ自動車は、ハイブリッド車のグローバル累計販売台数が2017年1月末までに1004万9000台となり、1000万台を突破したと発表した。

トヨタは1997年8月に同社初の市販ハイブリッド『コースターハイブリッドEV』を、同年12月に世界初の量産ハイブリッド乗用車『プリウス』を発売。以来、多くのユーザーの支持を得て、2016年4月末の900万台突破から約9か月で累計販売台数1000万台を達成した。

初代プリウスの開発責任者である内山田竹志会長は「初代プリウスの発売当時『ハイブリッド』という言葉はなじみもなく、乗っている人は『オタク』だとも言われた。しかし、そのような未知のクルマに期待を寄せ、乗ってくれた多くのユーザーに支えられて、ハイブリッド車は1000万台という節目を迎え、今では『普通のクルマ』になるまで普及することができた。これからもユーザーと一緒に地球環境問題の解決に貢献できるよう挑戦を続けていきたい」とコメントしている。

なお、2017年1月末までに販売したハイブリッド車のCO2排出抑制効果は約7700万トン、ガソリン消費抑制量は約2900万キロリットルにのぼるとトヨタでは試算している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/02/14/290618.html/article/2017/02/14/290617.html/article/2017/02/14/290619.html