ボルボ V40、名車「アマゾン」をオマージュした限定モデルを発売

自動車 ニューモデル 新型車
ボルボ V40 T3/D4 アマゾン ブルー エディション
ボルボ V40 T3/D4 アマゾン ブルー エディション 全 4 枚 拡大写真
ボルボ・カー・ジャパンは、『V40』に「アマゾンブルー」のボディカラーと「シティウィーブ」の内装色を組み合わせた特別限定車「V40 T3/D4 アマゾン ブルー エディション」を設定し、2月16日より200台限定で発売する。

アマゾンブルーは、3点式シートベルトを世界で初めて標準装備した名車「アマゾン」のボディカラー「ライトブルー」をオマージュして開発した新色。アマゾンは1956年から1970年まで製造され、累計で約70万台を出荷。当時で最も生産台数の多いボルボ車となった。

内装色のシティウィーブは、都会的でモダンな意味を込めた「City」と、繊維を"織る"、"編む"という意味の「Weave」を組み合わせた造語で、シックでモダンなチェック柄のテキスタイルとなっている。2014年のジュネーブ・モーターショーで「カー・オブ・ザ・ショー」を受賞した「コンセプト・エステート」のシートデザインからエッセンスを受け継いで開発した。

さらに、「パノラマ・ガラスルーフ」を特別装備し、明るく開放的なインテリアを実現。ルーフ部をブラックカラーかつガラス素材とすることで、ボディカラーとの絶妙なコントラストを生み出している。また、「歩行者エアバッグ」や「歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム」をはじめ、11種類以上の先進安全・運転支援技術を含む「インテリセーフ」を標準装備する。

価格はガソリンモデルのT3が384万円、ディーゼルモデルのD4が409万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ