JR西日本も分割民営化30周年で新制服…ICタグ導入

鉄道 企業動向
新しい制服のイメージ(左:乗務員・駅員など、中央:技術・電気職員、右:車両検査員など)。4月1日から着用を開始する。
新しい制服のイメージ(左:乗務員・駅員など、中央:技術・電気職員、右:車両検査員など)。4月1日から着用を開始する。 全 3 枚 拡大写真
JR西日本は2月15日、同社の発足30周年を機に新しい制服を導入すると発表した。4月1日から着用を開始する。

発表によると、コンセプトは「先進性」と「上質さ」。安全性の向上を図るため視認性を高めた素材を使用し、女性用のスカートは廃止。涼しさや動きやすさを向上した生地を使うという。社員の意見を採り入れ、ポケットの容量を増やすなどの改善も行った。

このほか、コーポレートカラーの青を制服の各部に使用。共通デザインの帽章・袖章・胸章を採用する。制服個別のセキュリティIDやICタグも導入する。

JR西日本は1987年4月、国鉄分割民営化に伴い発足。北陸・近畿・中国地方の国鉄線を引き継いだ。東海地方の国鉄線を引き継いだJR東海も、発足30周年を機に6月から制服を一新する予定だ。

《草町義和》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ