京急モーニング・ウィング号、ネット予約可能の座席指定制列車へ 5月1日から

鉄道 企業動向
京急2100形
京急2100形 全 2 枚 拡大写真
京急の看板電車2100形で朝夕を走る着席サービス列車「モーニング・ウィング号、ウィング号」が、5月1日から「座席指定制列車」に変わる。これにあわせ、京急線初の座席指定券購入サイト「KQuick」(ケイクイック)が3月28日にオープンする。

座席指定制列車になるのは、朝と夕・夜に運行しているモーニング・ウィング号と、下りウィング号。これまでは、座席が埋まるまでチケットが発売される“在庫形”だったが、ネット予約システムの導入によって、「いつでもどこでも購入が可能となり、発売機に並ぶことなくスムーズに乗車できる。窓側・通路側・補助席など希望条件の選択が可能になる」という。KQuick での決済はクレジットカードのみ。

「決済後に座席の位置(番号)がわかる仕組み。携帯電話やスマホ、パソコンにつながる新たなシステムを導入した。たとえば2人組で予約する場合は、2列席に横一列に、4人組は4席横一列か、ボックス席を自動的にシステムが予約してくれる。ただし空席があった場合に限る。2100形電車側のシステム更新はない。座席記号表示ステッカーを貼り直したぐらい。乗車するさいは、駅員が乗降ドア前で2次元バーコードを読み取る作業を経て、席へ」

従来の「Wing Ticket 発売機」と、新サイト KQuick を比べると、決済方法や座席指定で違いが出る。決済については、券売機では現金・交通系ICカードのみ、KQuick はクレジットカードのみ。座席指定については、KQuick では窓側・通路側・補助席・ボックス席・車椅子スペースを選択できるが、券売機ではこうした条件は選べない。

京急の座席指定制列車を担う2100形は、2000形の後継車として1998年に登場。2ドア全クロスシート車で、転換座席が並ぶ。現在、8両編成10本(80両)が、快特やウィング号などで活躍している。

《大野雅人》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。
  • 三峰口駅のSL転車台。
  • 小樽へ向かう10月18日のツアー列車。函館本線朝里~小樽築港。
  • JR西日本でも導入が予定されている交通系ICカードのモバイル対応。
  • 箱崎キャンパス跡地利用協議会が示している「箱崎キャンパス周辺の優位性と課題」。駅の交通利便性強化が盛り込まれている。
  • 「憧れの街」をデザインコンセプトにした銀座駅のホーム。壁面には「古き良き銀座の街並み」のイメージが描かれている。
  • N700S

ピックアップ

Response.TV