タカタ、シュロスなど海外子会社3社を99億円で売却

自動車 ビジネス 企業動向
シュロス(WEBサイト)
シュロス(WEBサイト) 全 1 枚 拡大写真
タカタは2月23日、レーシングシートベルトで知られる独シュロス社など海外子会社3社を、航空機部品製造・販売の米トランスダイムグループに売却すると発表した。

売却するのは、レーシングカー・航空機・ヘリコプター向けシートベルト製造販売の独シュロス社、レーシングカー・航空機用安全部品製造販売の米タカタ プロテクション システムズ社、航空機向けシート・内装品製造販売の米インテリアーズ イン フライト社。

売却額は総額9000万米ドル(約99億円)で、米国司法省との和解金の支払資金等に充当する予定。今回の売却により、2017年3月期通期決算において約50億円(予定)の特別利益が発生する見込み。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 改善箇所
  • タカタ製エアバッグ(ホンダ車) (c) Getty Images
  • タカタ製エアバッグのリコール未改修車の車検停止措置拡大の概要
  • スバル・インプレッサ
  • メルセデスAMG S63e プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV