【トライアル世界選手権 日本GP】前売りチケット、3月18日より発売

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
セクション4・5・6 イメージ
セクション4・5・6 イメージ 全 5 枚 拡大写真
5月27日・28日、ツインリンクもてぎで「トライアル世界選手権 第2戦 ストライダー日本グランプリ」が開催される。

今年のトライアル世界選手権は、昨年までの12セクション3ラップから、15セクション2ラップへと競技フォーマットを変更。1ラップあたりのセクションが増えることで、ライダーにとって集中力、体力が問われる大会となる。各セクションは、ハローウッズの森全体を使って設置。トップライダーを追いながら全セクションを周遊したり、好みのセクションに留まったり、さまざまな観戦スタイルが楽しめる。

そのほか、トップライダーや人気選手からサインをもらえるライダーサイン会や、アウトドア体験ができる「森とバイクのアウトドアフェスタ」、ストライダージャパンによる初心者向けレース「ストライダーエンジョイカップ」なども開催される。

前売りチケットは3月18日より発売。料金は2日間通しで、大人(高校生以上・パスポート1日分付)4200円、小中学生500円、3歳~未就学児300円、高校生以上の学生2100円など。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • シビック タイプR ミーティング(イメージ)
  • 2019年MotoGP 日本GP
  • ツインリンクもてぎ南ゲート
  • 「鈴鹿」と「もてぎ」にも、社会情勢の影響が出てきている。
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV