日系自動車メーカー、アジアでの海外生産が1000万台突破 2016年

自動車 ビジネス 海外マーケット
トヨタ自動車の米国ミシシッピ工場
トヨタ自動車の米国ミシシッピ工場 全 2 枚 拡大写真
日本自動車工業会は2月28日、日系自動車メーカーの2016年第4四半期(9~12月)および2016年累計(1~12月)の海外生産台数を発表した。

2016年第4四半期の海外生産台数は、前年同期比5.8%増の494万7433台となった。

地域別で最も生産台数の多いアジアは同7.0%増の274万4857台。北米は同2.0%増の119万2193台だった。そのほかでは、中南米が同5.8%増の47万1184台、欧州は同11.0%増の47万2098台、アフリカは同9.8%減の4万4954台、大洋州は同2.3%減の2万2099台だった。

2016年累計は同4.9%増の1897万9448台となった。地域別では、アジアが同6.5%増の1009万1574台。北米は同3.4%増の498万9360台だった。そのほかでは、中南米が同2.2%増の185万9685台、欧州は同5.3%増の175万7776台、アフリカは同12.5%減の19万0724台、大洋州は同1.5%減の9万0240台だった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東京モーターショー2019
  • 会見する自工会の豊田章男会長と4副会長
  • 日本自動車工業会の豊田章男会長
  • 菅内閣発足(9月16日)
  • メルセデスAMG S63e プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV