丸紅と沖電気、国土交通省からETC2.0車両運行管理支援サービスの社会実験を受託

自動車 テクノロジー ITS
ETCイメージ
ETCイメージ 全 2 枚 拡大写真
丸紅と沖電気工業は、国土交通省国土技術政策総合研究所が公募する「ETC2.0車両運行管理支援サービス」に関する第II期社会実験を受託し、3月からETC2.0を活用した物流事業者向け車両運行管理支援サービス実験を開始した。

実験は、ETC2.0の仕組みを活用して、動態管理を含めた車両運行管理支援サービスを提供することで、運行効率の改善・向上を図るとともに、ETC2.0を活用したサービスの有効性を評価する。

実験では、丸紅の100%子会社である丸紅無線通信の無線通信サービスと、沖電気のETC2.0に対応した車両運行管理支援サービス「Locoもび」を組み合わせて、丸紅の子会社である丸紅ロジスティクス、丸紅グループのアルテリア・ネットワークスに車両運行管理支援サービスを提供する。

また、丸紅と沖電気は、実験結果を踏まえ、ETC2.0関連領域から拡大して、スマートフォンの位置・加速度情報、OBD-IIの燃費・車速等情報、ウェアラブルデバイスの心拍数情報などのビックデータを収集・分析する。これらデータを活用して車両運行管理の効率化、運転日報の自動生成、運転手向け安全運転支援、労務管理を実現し、業務の多様化・複雑化と労働力不足に直面する物流業務の環境改善・効率化を図るIoTソリューションを展開する。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ