アウディ Q3、一部グレードのフロントデザインを変更

自動車 ニューモデル 新型車
アウディQ3
アウディQ3 全 3 枚 拡大写真
アウディジャパンは、コンパクトSUV『Q3』の仕様を一部変更し、3月6日より販売を開始する。

今回の仕様変更では、「1.4 TFSIスポーツ」と「2.0 TFSIクワトロ」のフロントバンパーを大型化。エアインレットはハイグロスブラックに、グリルバーはアンスラサイト仕上げとすることで、よりスポーティなデザインに変更した。また、スポーティパッケージの「Sライン」に新デザインのフロントバンパーを採用。エアインレットはハニカムのブラックとなり、横一線に伸びたボディ同色のストラットによって上下に2分割されて精悍なデザインとなった。

価格は1.4 TFSIスポーツが386万円、2.0 TFSIクワトロは180PS仕様が459万円、220PS仕様が539万円。1.4 TFSIとRS Q3 パフォーマンスについては仕様変更はなく、価格も従来通り。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アウディQ3スポーツバック
  • アウディ RS Q3 新型
  • アウディジャパンのフィリップ・ノアック 社長とアウディQ3&Q3スポーツバック
  • アウディ Q3(左)とQ3スポーツバック
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ