【CeBIT 2017】トヨタグループ3社、初出展へ…世界最大級の国際情報通信技術見本市

自動車 テクノロジー ITS
ブースイメージイラスト
ブースイメージイラスト 全 5 枚 拡大写真
トヨタ自動車とアイシン精機、デンソーのトヨタグループ3社は、3月20日から24日まで、ドイツ・ハノーバーで行われる「CeBIT 2017(国際情報通信技術見本市)」に初出展する。

CeBIT 2017は、IoT、ビッグデータ、AI、ロボット等の先端技術を扱う世界最大級の国際情報通信技術見本市。今年、日本は初めてパートナーカントリーとして参加し、「Create a New World with Japan -Society5.0, Another Perspective-」をコンセプトに、ジャパン・パビリオンを出展する。

同パビリオンにおいて、トヨタは、同社が考える将来のモビリティ社会を提案。次世代交通システム「Ha:mo」の紹介やパーソナルモビリティ「TOYOTA i-ROAD」の展示を実施。また、交通死傷者ゼロ達成に向けた取り組みとして、運転支援システム「ITS Connect」の概要、事故削減効果評価のほか、協調型ITSの自動運転技術への活用事例を紹介する。

アイシン精機は、未来のモビリティライフへの取り組みとして、パーソナルモビリティ「ILY-Ai」を展示。また、ドライバーセンシング技術を用いた「ドライバー異常時対応システム」や、スマートフォンを使った自動駐車システム「リモートパーキング」、高精度な位置と車両情報をクラウドで収集し新たな価値を創出する「位置情報活用サービス」などを紹介する。

デンソーは、同社が目指す“人と設備が共創するFactory IoT”の姿を製造ラインのジオラマと映像で紹介。Factory IoTを支える最新ロボット技術と、設備を“つなぐ”技術をデモ機を用いてわかりやすく説明するほか、人と協働可能な小型ロボットアーム「COBOTTA(コボッタ)」を紹介する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォルクスワーゲングループのCDO (Chief Digital Officer)であるヨハン・ユンクビルト氏
  • e.GO Life
  • フォルクスワーゲンのブース(CEBIT 2018)
  • ZFとDFKI(ドイツ人工知能研究センター)が共同開発したAI導入で理想的な工場生産性を実現するインダストリー4.0システム「BaSys 4.0」
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/03/13/292010.html/article/2017/03/13/292009.html/article/2017/03/13/292011.html