メルセデス、全世界で100万台リコール…火災のおそれ

自動車 テクノロジー 安全
メルセデスベンツCクラス
メルセデスベンツCクラス 全 1 枚 拡大写真
ドイツの高級車、メルセデスベンツが、一部車両で火災のおそれがあるとして、全世界でおよそ100万台のリコールを実施する。

同社の米国法人が、当局に届け出た内容によると、今回のリコールは、エンジンの不具合が原因。エンジンスターターが不調をきたし、エンジンを何度か始動した際、電気系統が過熱して、火や煙で出るおそれがある。

リコールの対象となるのは、2015‐2017年モデルの『Cクラス』、『CLA』、『Eクラス』、『GLA』、『GLC』など。全世界で販売されたおよそ100万台が、リコールに該当する。

メルセデスベンツは、対象車を保有する顧客に連絡。販売店において、ヒューズを追加するリコール作業を行う。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • F1ロシアGP
  • メルセデスベンツ EQV
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツSクラス新型のAMGライン
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ