グローバルMX-5カップジャパン、年間エントリー発表 4月9日に開幕 | レスポンス(Response.jp)

グローバルMX-5カップジャパン、年間エントリー発表 4月9日に開幕

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

グローバルMX-5カップジャパン(資料画像)
グローバルMX-5カップジャパン(資料画像) 全 2 枚 拡大写真
今年から日本でも開幕する、世界同一仕様車による本格的なワンメイクレース「グローバルMX-5カップジャパン」の年間エントリーリストが発表された。

MX-5カップは、世界同一のレースカー、世界統一ルールによる公平な環境の下、世界一の『MX-5(ロードスター)』レーサーを目指す機会を提供する画期的なレースプログラム。すでに米国で先行して開催しており、今年度より日本でも開催される。

今年度は、世界共通の規則で設けられる「グローバルクラス」に11台がエントリー。同クラスは、1人で決勝45分間のスプリントに挑み、シリーズチャンピオンにはマツダレースウェイ・ラグナセカ(米国)で行われる世界一決定戦に参加する権利が与えられる。また、ドライバー交代も可能な日本独自の「エンブレムクラス」には、2台が登録されている。

2017年度のグローバルMX-5カップジャパンは、4月9日のスポーツランドSUGO(宮城県)を皮切りに、ツインリンクもてぎ(栃木県)、富士スピードウェイ(静岡県)、鈴鹿サーキット(三重岡県)、岡山国際サーキット(岡山県)の5サーキットを舞台に全5戦の開催を予定している。

なお、各大会の20日前までであれば、シリーズ途中でのスポットエントリーも受け付けている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

編集部ピックアップ

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集