スマート世界販売7.5%減…アジア太平洋は新記録 2月

自動車 ビジネス 海外マーケット
スマート・フォーツー
スマート・フォーツー 全 3 枚 拡大写真
ドイツの高級車、メルセデスベンツ傘下のスマートは、2月の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は9265台。前年同月比は7.5%減と、マイナスに転じた。

販売の主力は、新型『フォーツー』と『フォーフォー』。またスマートは、2016年3月から新型『フォーツー・カブリオ』の販売も開始した。

2月の市場別実績では、アジア太平洋地域が好調。とくに中国が販売を牽引し、アジア太平洋地域は2月の新記録を打ち立てた。

スマートブランドの2016年の世界新車販売は、過去最高の14万4479台。前年比は21%増と、2桁増を達成した。2017年1‐2月は、前年同期比2.2%減の1万8914台を販売している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スマート EQ フォーフォー 改良新型(フランクフルトモーターショー2019)
  • スマート EQ フォーツー 改良新型
  • 現行スマート EQ フォーツー(参考画像)
  • EQフォーフォー
  • BMW M5 改良新型 スクープ写真
  • 日産 の新型EVクロスオーバーは、「iMX」の市販型となるか。画像は予想CG
  • DS 8 開発車両 スクープ写真
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/03/27/292659.html/article/2017/03/27/292658.html/article/2017/03/27/292660.html