【ソウルモーターショー2017】ホンダ CR-V 新型に「ターボ」…1.5リットルで193馬力

自動車 ニューモデル モーターショー
新型ホンダCR-V ターボ
新型ホンダCR-V ターボ 全 3 枚 拡大写真
ホンダは3月30日、韓国で開幕したソウルモーターショー2017において、新型『CR-Vターボ』を発表した。

新型は5世代目モデル。日本については、新型に関する明確な発表はないが、お隣の韓国では、新型がひと足早く登場している。

韓国仕様の新型『CR-V』は、車名にターボを冠しており、新開発のダウンサイジングターボエンジンを前面に押し出した。このエンジンには、ホンダの新世代環境技術、「アースドリームステクノロジー」を導入する。

直噴1.5リットル直列4気筒ガソリンVTECターボは、最大出力193hp、最大トルク24.8kgmを発生。トランスミッションはCVTを組み合わせる。韓国での高速燃費は、13.6km/リットル。

CR-Vは2007年、韓国輸入SUVの販売第1位に輝いた。ホンダは新型の投入で、販売を盛り返していく方針。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジヤトコ ブースイメージ
  • ヒュンダイ RM15
  • サンヨン チボリ EVR
  • キア ノヴォ
  • ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ
  • VW ゴルフ GTI TCR チューニングカー
  • メルセデス AMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ グランクーペ 開発車両スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/03/31/292939.html/article/2017/03/31/292938.html/article/2017/03/31/292940.html