ZF、独企業に出資…自動運転用の次世代レーダー技術を共同開発

自動車 テクノロジー ITS
アスティクス社のレーダーシステム
アスティクス社のレーダーシステム 全 1 枚 拡大写真
ドイツに本拠を置く自動車部品大手、ZFは3月30日、アスティクス・コミュニケーション&センサー社(以下、アスティクス社)の株式の約45%を取得し、次世代レーダー技術を共同開発すると発表した。

アスティクス社は1997年、ドイツ・ミュンヘン近郊のオットブルンで創業。自動車産業などを対象とする極超短波レーダーセンサーやモジュールの開発、生産を手がけている。

レーダーセンサーは超音波と似たような働きをする。しかし、超音波信号ではなく電磁放射束を送り、障害物の検知だけでなく、その距離や速度を測定できる点が異なる。最新のレーダーは、cm単位の高解像度で人や物の動きを検知し、位置を確認し、識別する性能を持つ。

ZFはアスティクス社と協力。世界中の自動車メーカーに向けて、短/中距離の周辺環境について、さらに精密な画像を提供できる次世代レーダーセンサーを開発していく。このレーダーは、障害物検知、事故防止、自動運転のための重要な技術となる。

ZFのシュテファン・ゾンマーCEOは、「アスティクス社のレーダー技術は、現在ZFが車間距離制御のようなドライバーアシスト機能に利用している他のレーダーソリューションを補完する理想的な技術。レーダー、ライダー、さらにカメラセンサーを組み合わせることにより、自動運転に不可欠な周辺環境検知機能を提供できる」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ZFの「S-Cam4.8」カメラ
  • ZFの新世代のアクティブリアアクスルステアリングシステム
  • ZFとイヴェコの天然ガストラック
  • ZFがジープ・ラングラー 初のPHVに供給する8速AT
  • メルセデスAMG S63e プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV