国際クルーズ旅客受け入れ機能の高度化…訪日クルーズ500万人に向け、補助事業を公募

船舶 行政
国際クルーズ旅客受入機能高度化事業の概要
国際クルーズ旅客受入機能高度化事業の概要 全 1 枚 拡大写真
国土交通省は、訪日クルーズ旅客数500万人の実現に向けて、クルーズ旅客の利便性や安全性向上、物流効率化を図るための国際クルーズ旅客受入機能高度化事業(補助事業)を2017年度から開始し、補助事業の公募を開始する。

国際クルーズ旅客受入機能高度化事業は、港湾におけるクルーズ旅客の利便性や安全性を確保し、円滑な受け入れを促進するため、地方公共団体(港務局を含む)または民間事業者が実施する移動式ボーディングブリッジやベルトコンベアの設置に要する対象経費の一部を補助する。

具体的には、クルーズ旅客の移動や手荷物搬出入の円滑化に要する経費や、クルーズ旅客が利用する旅客上屋の受け入れ環境改善に要する経費のほか、クルーズ旅客の安全性の向上に要する経費などで、3分の1以内を補助する。

公募期間は4月3日から4月28日まで。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 首都高入口
  • (イメージ)
  • (イメージ)
  • 令和2年7月豪雨(7月5日、熊本県人吉市)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV