【上海モーターショー2017】ダンロップ、中国 低燃費タイヤ自主規制適合の環境対応タイヤ出展へ

自動車 ビジネス 海外マーケット
ダンロップブース
ダンロップブース 全 2 枚 拡大写真
住友ゴムは、4月19日から28日に開催される「上海モーターショー」に、ダンロップおよびファルケンブースを出展する。

ダンロップブースは「ゴム技術でタイヤにイノベーションを巻き起こす」をテーマに、同社独自の新材料開発技術「アドバンスド 4D ナノデザイン」や、高機能バイオマス材料開発技術をはじめとする最先端技術を映像コンテンツで分かりやすく紹介。また、昨年9月から中国で運用開始された低燃費タイヤ自主規制にいち早く適合した環境対応タイヤ、「エナセーブ EC300+」と「SP ツーリング R1」の展示を行う。

ファルケンブースでは、スポーツタイヤ「アゼニス」シリーズやSUV用タイヤ「ワイルドピーク」など、高性能で多彩な最新タイヤラインアップを展示する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 吉利KCコンセプト(上海モーターショー2013) : 後方左に、ボルボから吉利のデザイン担当副社長に移籍したピーター・ホルバリーが見える。
  • 華泰・宝利格(上海モーターショー2013)
  • 天津に開発拠点を持つデンソーとトヨタが共同で開発した「PM2.5除去システム付オートエアコン」
  • 上海モーターショーに出展したフォルシア
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ