クアルコムの純利益は35%減、自動車事業は成長 第1四半期

自動車 ビジネス 企業動向
クアルコム スティーブ・モレンコフCEO(参考画像)
クアルコム スティーブ・モレンコフCEO(参考画像) 全 1 枚 拡大写真
クアルコムは4月19日、2017年第1四半期(1~3月)の決算を明らかにした。

同社の発表によると、売上高は、50億1600万ドル(約5526億円)。前年同期の55億5100万ドルに対して、9.6%の減少。

また、第1四半期の純利益は、7億4900万ドル(約825億円)。前年同期の116億4000万ドルに対して、35.7%の減益となった。

大幅な減益となったのは、ライセンスを巡る費用によるもの。しかし、自動車といった新分野への進出が、売上に貢献した。クアルコムのスティーブ・モレンコフCEOは、「第1四半期は、重要な自動車やネットワーク、IoTなどの事業において、力強い成長を遂げた」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • デンソー
  • 米ワイトリシティのEV無線充電のイメージ
  • クアルコムのセルラーV2Xイメージ
  • 5Gの最新動向について発表するクアルコム
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV