【NEW環境展2017】パイオニア、クラウド型運行管理サービスを出展予定

自動車 テクノロジー ネット
クラウド型運行管理サービスビークルアシスト
クラウド型運行管理サービスビークルアシスト 全 1 枚 拡大写真
パイオニアは、5月23日から26日の4日間、東京ビッグサイトで開催される「2017NEW環境展」に、クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」を出展する。

ビークルアシストは、カーナビゲーションなど業務用車載端末を通信回線でサーバーと接続することで、車両の動態管理をはじめ、効率よく訪問先を巡回できる運行コースの送信・進捗管理などを行うことができるクラウド型運行管理サービス。業務用車両の効率的な運行を実現することで、燃費の向上やCO2を削減し、環境保全にも寄与する。

NEW環境展はアジア最大級の環境展で、約500社が出展。各種課題に対応する様々な環境技術・サービスを一堂に展示する。期間中は15万人を超す来場者で賑わう。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • パイオニア製電子聴診器MSS-U11C
  • MapFan
  • パイオニアとコンチネンタルが協業して開発を進める新しいユーザーエクスペリエンスの統合コックピット(イメージ)
  • パイオニア・カロッツェリア「サイバーナビ」(参考画像)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 「ダックテール」を備えたポルシェ 911 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ