ニッキー・ヘイデン、交通事故で死去…元MotoGP王者

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ニッキー・ヘイデン
ニッキー・ヘイデン 全 1 枚 拡大写真
元MotoGPのチャンピオンで、スーパーバイク世界選手権に参戦していた米国人ライダー、ニッキー・ヘイデン選手が5月22日、交通事故により死去した。

ニッキー・ヘイデン選手は5月17日、イタリアのリミニ近郊でサイクリング中に交通事故に遭った。入院先のチェゼーナ市内の病院で集中治療が行われていたが、5月22日、病院側から死亡が発表された。享年35歳。

MotoGPは公式サイトを通じて、「故ヘイデン選手の家族、友人、チーム、そして、ファンに深い哀悼の意を表す」とコメントした。

ニッキー・ヘイデン選手の兄、トミー・ヘイデン氏は、「悲しいときですが、ニッキーが最も幸せだったこと、オートバイレースを思い出として記憶に残してもらいたい。彼は子供の頃にプロライダーになることを夢に見ただけでなく、ワールドチャンピオンという頂点に到達することができた。私たちはそれを大変誇りに思う」と語っている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • MotoGP 第16戦日本GP(フリー走行、予選)
  • MotoGP 日本GP決勝戦、パブリックビューイング
  • F2-B戦闘機
  • グランプリロードR123パレード 市街地走行シーン
  • Ajlani Motors 新型 ハイパーカー ティザーイメージ
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/05/23/295075.html/article/2017/05/23/295074.html/article/2017/05/23/295076.html