【オートサービスショー2017】自動車整備検査用機器の展示会 6月1~3日

自動車 ビジネス 国内マーケット
ヤマト自動車(オートサービスショー2015)
ヤマト自動車(オートサービスショー2015) 全 5 枚 拡大写真
「第35回オートサービスショー2017」が6月1~3日の日程で、東京臨海都心の東京ビッグサイトで開催される。国内外より各種自動車整備検査用機器を一堂に集め、新製品の開発成果を披露するとともに、優良な機器の普及に努める。

主催は一般社団法人日本自動車機械工具協会。昭和23年に第1回「自動車機械工具実演展示会」を開催し、1973年から名称を「オートサービスショー」に変更。現在は東京ビッグサイト(東京国際展示場)において隔年で開催している。

第35回オートサービスショーのテーマは「支えよう、 次世代の 車社会を / Supporting Future Mobility Life」。出展内容は、(1)自動車整備検査機器、工具、車体整備機器、電装整備機器、塗装機器、洗車洗浄機器および関連機器、(2)自動車整備事業所が使用するハードウェア、ソフトウェアおよび関連商品だ。屋内1000小間、屋外30小間を予定している。

出展対象製品・サービスを具体的にあげると、整備作業システム / 車検機器 / 洗車洗浄装置 / リフト・ジャッキ・プレス / エアーコンプレッサー / 空圧電動工具 / ハンドツール / 車体整備機器 / 塗装機材 / ディテイリング機器 / バッテリー・クーラーサービス機器 / エンジン総合診断装置&電気機器 / エンジン用整備機器 / ディーゼル関連機器 / タイヤサービス機器 / ブレーキサービス機器 / ガレージ用一般機器 / 注油計量機器 / ビジネス機器 / 環境整備機器。

来場者の対象業種は、自動車整備関係(車体、電装、タイヤ、ホイール、ガソリンスタンド等)/ カーメーカー、ディーラー / 鈑金、塗装関係(鈑金工場、ボディーショップ、塗料販売等)/ 機械工具商社、メーカー / 部品用品商社、メーカー / 官公庁、関係団体(整備振興会、商工組合)/ 学校関係(学生、教師、引率者)となっている。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 板金修理を手掛ける工場でよく見かける照明、単に明るくなれば良いというものではない。
  • 大型車用洗車機新型ビッグウォッシャー。高さ4.1メートル、長さ16メートル。基本的に道路を走行できるサイズのクルマはすべて対応可能とのこと。
  • 株式会社アイペックが紹介するイタリア・ラバリオリ社製の移動式大型車用リフト。
  • オートサービスショーでは主にボディの磨き関連の商品を展開。
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)
  • ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ
  • VW ゴルフ GTI TCR チューニングカー
  • メルセデス AMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/06/01/295536.html/article/2017/06/01/295535.html/article/2017/06/01/295538.html