愛知製鋼、次世代車用放熱部品の生産能力を倍増…HVやEVの需要に対応

エコカー ハイブリッド
愛知製鋼のパワーカードリードフレーム
愛知製鋼のパワーカードリードフレーム 全 2 枚 拡大写真
愛知製鋼は5月31日、ハイブリッド車やEVなど次世代車に不可欠なインバータ用放熱部品「パワーカードリードフレーム」の生産能力を倍増すると発表した。

ハイブリッド車やEVなど、電動車のパワーコントロールユニットには、モータの電力制御などを行うパワーカードが搭載されている。その主要構成部品のパワーカードリードフレームは、部位によって厚さが異なる異形断面形状の銅板を、高精度にプレス加工。数ミクロン厚の均一なニッケルめっきや部分的に金めっきを施した、複雑形状の接点・放熱部品となる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 自動運転の技術実証に使われる営業用車両と同型の「日野ブルーリボンシティ」。
  • 愛知製鋼と先進モビリティの共同出展ブース(イメージ)
  • ANAなど6社による空港制限区域内でレベル3自動運転の実証実験中の小型バス
  • 愛知製鋼と先進モビリティのブースイメージ
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ