ゴールデンボンバーがホンダ原付のイメキャラ継続…2017年はスーパーカブを楽しむ

モーターサイクル 企業動向
ゴールデンボンバー
ゴールデンボンバー 全 2 枚 拡大写真
ホンダは6月30日、若者を中心に幅広い世代から人気を得ている“エアーバンド”「ゴールデンボンバー」を、2017年度の国内原付二輪のイメージキャラクターとして起用すると発表した。2015年度、2016年度に引き続いての起用だ。

3年目の今年は、世界中で販売され、生産累計1億台を迎える『スーパーカブ』を中心に、原付二輪の楽しみを伝える。

これまでもゴールデンボンバーは、ホンダが展開する各種のキャンペーンやイベントにおいて、「あそびつくせ!」というメッセージとともに、原付二輪ならではの生活を楽しむ情報を伝えてきた。

現在公開中の、ホンダとゴールデンボンバーのコラボサイト「原チャであそびつくせ」では、今後、原付を活用した遊び方に関する360°映像など、さまざまな情報を定期的に発信していくという。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ TMAX560 TECH  MAX(左)と XMAX(右)
  • トライアンフ茅ヶ崎
  • 旋回中も足回りが踏ん張るので、きちんと向きを変えていける
  • HUDとリヤカメラを内臓したスマートヘルメット「クロスヘルメット X1」を青木タカオ氏が試した
  • 世界限定500台のドゥカティ『スーパーレッジェーラV4』
  • KTM 890DUKE R
  • ヤマハ XMAX
  • ミツバサンコーワEDR-21G/L

ピックアップ