日本信号、バンコク・レッドラインの料金徴収システムを受注

鉄道 企業動向
高架橋の建設が進むレッドライン。2020年の完成が予定されている。
高架橋の建設が進むレッドライン。2020年の完成が予定されている。 全 2 枚 拡大写真
日本信号は7月10日、タイ国鉄のバンコクレッドラインに導入される自動料金徴収システム(AFC)を、住友商事から受注したと発表した。

レッドラインは、バンコク中心部のバンスー駅から北へ26.4km、西へ14.6km伸びる、全線高架の鉄道新線計画。北へ伸びる区間は円借款、西に伸びる区間はタイ政府の自己資金で、それぞれ整備される。2020年の完成を目指して工事が進められている。

日本信号によると、自動券売機や自動改札機などの駅の機器から駅サーバー、中央サーバーまで、全てのAFCシステムを一括で納入する。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • かつてのキハ400・480形に使われていた宗谷線急行色となったキハ40 1747.
  • 9月11日の運行開始に際し、京都駅31番のりばで行なわれた『WEST EXPRESS 銀河』の出発式。
  • 東京・池袋駅(7月21日)
  • 上下各1本が減便される長崎本線の特急「かもめ」。
  • 七尾線へ投入される521系。輪島の漆塗りをイメージした茜色のラインカラーが入る。
  • 10月2日限りで消えるしなの鉄道115系S11編成のコカ・コーラ色。N12編成だったJR東日本時代の1987年にもコカ・コーラ色となっていた。
  • 終電繰上げ後の大阪駅は、0時15分発の大阪環状線京橋行きが最終列車に。現行より18分繰り上がる。
  • 8000系電車による特急『しおかぜ・いしづち』。10月1日からは『しおかぜ3・5・16・18号』が単独運転となるため、宇多津・多度津以西で併結される高松~松山間の『いしづち3・5・16・18号』は、高松~宇多津・多度津間の単独運転となる。

ピックアップ