【リコール】日産 エルグランド 1万4935台、ブレーキ液が漏れるおそれ

自動車 テクノロジー 安全
日産 エルグランド 250ハイウェイスター S(2015年)
日産 エルグランド 250ハイウェイスター S(2015年) 全 2 枚 拡大写真
日産自動車は7月24日、大型ミニバン『エルグランド』のブレーキマスターシリンダに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2014年10月1日から2017年2月15日に製造された1万4935台。

ブレーキマスターシリンダピストン部のシール形状が不適切なため、ブレーキペダルを踏んだ際にシールが捲れることがある。そのため、シール部からブレーキ液が漏れて警告灯が点灯し、最悪の場合、制動力が低下するおそれがある。

改善措置として、全車両、当該マスターシリンダを対策品と交換する。

不具合は24件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産・エルグランド(2014年)
  • 衝突被害軽減ブレーキの性能認定(AEBS)ロゴ
  • 日産エルグランド現行型
  • 日産エルグランド(2004年)
  • Ajlani Motors 新型 ハイパーカー ティザーイメージ
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/07/24/297778.html/article/2017/07/24/297777.html/article/2017/07/24/297779.html