阪神電鉄「灘の酒」ラッピング列車を運行 10月1日から

鉄道 エンタメ・イベント
ラッピング車のイメージ。10月1日から運行される。
ラッピング車のイメージ。10月1日から運行される。 全 1 枚 拡大写真
関西大手の阪神電気鉄道は10月1日から、日本酒にちなんだラッピング列車「Go!Go!灘五郷」を運行する。初日は出発式などが行われる。

灘五郷は「灘の生一本」で知られる日本酒の生産地。神戸市の西郷・御影郷・魚崎郷と、西宮市の西宮郷・今津郷の五つの郷で構成される。灘五郷酒造組合・神戸市・西宮市・阪神電鉄の4者は連携して灘の酒蔵の活性化プロジェクトに取り組むことを決め、10月1日「日本酒の日」からラッピング列車を運行することにした。

車両は1000系電車の6両編成1本を使用。「日本一の酒どころ『灘五郷』が育んできた日本酒文化を、ほっこり楽しい和風テイストなイラストレーション」で車体を装飾するという。車内でも灘の酒に関するポスターなどを掲出する。運行区間は本線・阪神なんば線・神戸高速線だが、相互直通運転により山陽電鉄線や近鉄線でも運行される。

運行初日の10月1日は、10時50分から11時55分まで甲子園駅で出発式を実施。続いて続いて12時15分から13時までは乗車会イベントが行われる。イベントへの参加は8月8日から9月10日まで阪神電鉄ウェブサイトの専用ページで受け付ける。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 小田原へ里帰りすることになった元小田原市内線の150形151号。大正生まれの貴重な路面電車だ。
  • 新快速(同型車)
  • JR九州版N700Sのエクステリアイメージ。裾部にJR九州のコーポレートカラーを使ったラインを入れて引き締めている。
  • 新冠~静内間を行くキハ160形気動車。日高本線用として1997年6月から運行を開始したが、ハイブリッド動力の試験に供与された後、2013年に廃車となった。2000年4月30日。
  • 阿佐海岸鉄道の気動車。DMV導入後は引退する。
  • 2015年1月、高波で被災した当時の日高本線厚賀~大狩部間。
  • トラッカーとスマートフォンの活用で、遺失物窓口の負担をどれだけ減らせるのか? 写真はJR東日本東京駅。
  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。

ピックアップ

Response.TV