東京オリンピック・パラリンピック特別仕様ナンバープレート、最終デザイン決定 | レスポンス(Response.jp)

東京オリンピック・パラリンピック特別仕様ナンバープレート、最終デザイン決定

自動車 社会 行政

図柄入りナンバー(寄付金付き)
図柄入りナンバー(寄付金付き) 全 2 枚 拡大写真
国土交通省は8月8日、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート」の最終デザインを決定した。

国土交通省では、今秋の交付開始に向けて、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレートの背景図柄を今年1月に公募。応募96作品の中からデザイナーなどで構成するデザイン選考委員会の審査などを経て、最終デザインを決定した。

採用された背景デザインは、様々な人々の個性(色)を尊重した未来の社会への希望を集約する光の表現としてイメージ。その様を多彩色のグラフィック表現でナンバープレートにデザインした。

特別仕様ナンバープレートは、新車・中古車の購入時、所有車両の車検時などで同じ番号ならいつでも交換可能。9月4日からウェブサイトなどにて申込みの受付を開始する。10月10日から、オリンピックとパラリンピックのエンブレムを2枚1組で交付。前後面にどちらのエンブレムのものを取り付けるかはユーザーの任意となる。

ナンバープレートの交付料金は地域により異なる(東京地区は7210円)。1000円以上の寄付で図柄入りナンバーが選択可能。寄付金は、大会開催に必要となる交通サービスの改善(バス・タクシーのバリアフリー化等)に充てられる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

ピックアップ

編集部ピックアップ