8月の新車総販売は5.5%増と10か月連続プラス

自動車 ビジネス 国内マーケット
日産ノートe-POWER 〈撮影 高木啓〉 
日産ノートe-POWER 〈撮影 高木啓〉  全 4 枚 拡大写真
日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が9月1日に発表した8月の新車販売統計(速報)によると、総販売台数は前年同月比5.5%増の35万5308台となった。

登録車、軽自動車ともにプラスとなり総台数は2016年11月から10か月連続で増加した。同月の登録車の販売は、4.7%増の23万3810台で2か月ぶりのプラスだった。7月は1年ぶりにマイナスとなっていたが再び増加に転じ、回復基調を続けている。このうち乗用車は2.8%増の19万6169台、貨物車は14.3%増の3万5863台、バスは56.4%増の1778台となった。

乗用車メーカーでは新モデルが寄与している日産自動車やホンダ、SUBARU(スバル)など5社がいずれも2ケタ増のプラスとなったものの、トヨタ自動車、マツダ、スズキはマイナスだった。

一方、軽自動車は7.2%増の12万1498台で、4月から5か月連続でプラスとなった。軽自動車税などの増税影響で16年度までの約2年間は落ち込みが続いたが、登録車同様、回復基調を強めてきた。このうち乗用車は6.8%増の9万4654台で6か月連続のプラス、貨物車も8.4%増の2万6844台と5か月連続のプラスになった。

メーカー別では燃費不正の影響で前年の販売が落ち込んでいた日産が30.5%増と大幅に伸ばしたほか、トップのダイハツ工業(9.7%増)や2位のスズキ(7.0%増)も好調だった。反面、主力モデルがモデルチェンジを控えていたホンダは8.8%のマイナスと苦戦した。

《池原照雄》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・ライズ
  • スズキ・ジムニーシエラ
  • (イメージ)
  • ホンダN-BOX
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ