JARC、自動車リサイクルシステム事業者情報のオンラインによる確認・変更が可能に

自動車 ビジネス 企業動向
オンライン画面のイメージ
オンライン画面のイメージ 全 2 枚 拡大写真
自動車リサイクル促進センター(JARC)は、自動車リサイクルシステムに登録されている事業者情報をオンラインで確認・変更できる仕組みを10月2日から提供開始すると発表した。

JARCでは、自動車リサイクルシステムが本格稼動する2005年1月以前より、引取業者、フロン類回収業者、解体業者、破砕業者などの事業者情報を書面で受け付け、システムに登録または変更を行っている。

今回、自動車リサイクルシステム利用者の利便性の向上を目指して、事業者情報の確認や一部の情報の変更を、オンライン画面上で行える仕組みを提供開始する。オンライン画面上で変更できる情報は、事業者/事業所に関する情報の電話番号・FAX番号、リサイクル関連担当者の部署名・担当者名・住所・電話番号・FAX番号、事業者情報の公開の可否。法人名、代表者名、所在地、金融機関口座番号など「証明書」や「書類」を必要とする変更は、従来の書面による手続きが必要となる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2018年はじめにかけて刷新された自動車リサイクル促進センターのバイクリサイクル取扱店証
  • 新車時預託
  • 日産・マーチ
  • 三菱パジェロ
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ