ベントレー フライングスパー、ついにハイブリッド化へ…ポルシェエンジン搭載で

自動車 ニューモデル 新型車
ベントレー フライングスパー 次期型プロトタイプ スクープ写真
ベントレー フライングスパー 次期型プロトタイプ スクープ写真 全 10 枚 拡大写真
ベントレーのラグジュアリー4ドアサルーン『フライングスパー』次期型プロトタイプの全身を、初めて捉えることに成功した。

カモフラージュで固められたボディのディテールは不明だが、先日公開されたばかりの『コンチネンタルGT』と共通したフロントデザインとみられる。プラットフォームには、ポルシェ『パナメーラ』と同じ「MSB-F」を採用し、ホイールベースを延長。再設計されたリアフェンダーを持ち、より優雅なサルーンとして生まれ変わると言う。

室内の撮影は出来なかったが、やはりコンチネンタルGTに似たラップアラウンドダッシュボードデザインとなるだろう。

パワートレインは、ポルシェ「パナメーラ ターボ」から移植される4リットルV型8気筒ターボエンジンを搭載、最高出力は550psを発揮する。ハイエンドモデルは、最高出力600ps以上を発揮する6リットルW型12気筒エンジンを搭載するほか、2.9リットルV型6気筒+エレクトリックシステムの「パナメーラ・ハイブリッド」に搭載されるパワートレインも移植される。こちらは最高出力462psを発揮し、EV航続距離は50kmとなる。

ワールドプレミアは2018年秋以降となるだろう。気が早い話だが、価格はV6モデルが約2200万円、W12モデルはおよそ2800万円程度と予想されている。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/09/11/299595.html/article/2017/09/11/299594.html/article/2017/09/11/299596.html