【福祉機器展2017】マツダ ロードスター の手動運転装置付車を発売

自動車 ニューモデル 新型車
マツダ・ロードスターRF手動運転装置付車
マツダ・ロードスターRF手動運転装置付車 全 6 枚 拡大写真
マツダは、主に車いす利用者を対象とした『ロードスター RF』『ロードスター』『アクセラ』の手動運転装置付車を発売。9月27日から29日に東京ビッグサイトで開催される「第44回 国際福祉機器展 H.C.R.2017」に出展する。

手動運転装置付車は、左手でアクセルやブレーキが操作できるほか、ウインカー、ホーン等のスイッチを集約したコントロールグリップや、右手で変速ができる専用ステアリングシフトスイッチ(ロードスター RF、ロードスター)を装備。足でのペダル操作が困難な、主に車いす利用者が運転できる仕様となっている。

価格はロードスター RFが338万5900円から369万5900円、ロードスターが296万5900円から327万5900円、アクセラが199万6900円から337万1900円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三豊市(父母ケ浜)
  • ペルモビールの電動車いす「F5VS」
  • H.C.R. 2019 ホンダブース 国枝慎吾選手・まるも亜希子氏トークショー
  • ジェイテクトの自立推進歩行器「J-Walkerテクテック」
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ タイカン・クロスツーリスモ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ