メルセデス AMG GT 4ドア市販型、1月公開が確定か..これが最終デザインだ!

自動車 ニューモデル 新型車
メルセデス AMG GT 4ドアモデル レンダリングCG
メルセデス AMG GT 4ドアモデル レンダリングCG 全 8 枚 拡大写真
メルセデスが、2017年3月のジュネーブモーターショーで初公開した4ドアスポーツ『AMG GTコンセプト』の市販型が、2018年1月に開催されるデトロイトモーターショーで正式発表されることが確実となった。

これはメルセデスAMG社のトビアス・ムアースCEOがインタビューで語ったもので、『AMG E63』と同じプラットフォームをベースに開発されているという。今回、レスポンスの兄弟サイトSpyder7では、その最終デザインと思われるレンダリングCGを入手した。

市販型のグリルはAMGの象徴「パナメリカーナ」グリルに変更され、LEDヘッドライトは新グラフィックになり、ブーメラン型デイタイムランニングライトが装備されている。またエアインテークやバンパーは、優れたダウンフォースを生む新デザインが取り入れられているようだ。

スタイルはポルシェ『パナメーラ』やアウディ『A7』のようなファストバックボディで、コックピットにはデュアルディスプレイを装備するはずだ。

コンセプトモデルのパワートレインは、最高出力805psを発揮する4リットルV型8気筒と「EQ POWER+」を組み合わせたハイブリッドとされていたが、市販型では600ps程度までデチューンされる他、ガソリンエンジンもラインナップされると予想されている。

発売は2018年後半で、車名は当初噂されていた「AMG GT4」の可能性は低いとレポートされている。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ