【福祉機器展2017】スズキ、ワゴンR 昇降シート車 など5台を出展予定

自動車 ビジネス 国内マーケット
スズキ・ワゴンR昇降シート車
スズキ・ワゴンR昇降シート車 全 2 枚 拡大写真
スズキは、9月27日から29日に東京ビッグサイトで開催される「第44回 国際福祉機器展 H.C.R.2017」に、スズキ福祉車両ウィズシリーズ5台と電動車いす6台を出品する。

ウィズシリーズからは『ワゴンR昇降シート車』を出展。3種類の外観デザインが選べるほか、単眼カメラとレーザーレーダーで前方の歩行者や車を検知して衝突時の被害を軽減する「デュアルセンサーブレーキサポート」をはじめとする先進安全技術を標準装備する。

同シリーズからは、そのほか「ワゴンRスティングレー昇降シート車」『スペーシア車いす移動車』『エブリイ車いす移動車』「エブリイワゴン車いす移動車」を、さらに「セニアカー」や「モーターチェア」などの電動車いすも展示する。また、ブース内にセニアカーの試乗コーナーを設置。コース内に設置した坂道を試走することで、セニアカーに搭載している「傾斜お知らせ機能」や「音声案内」が体験できる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スズキ イグニス ハイブリッドMF
  • 500万台目となったジクサーSF250
  • マルチスズキの鉄道による新車輸送
  • SDL連携イメージ
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ MR2 後継モデルの予想CG
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ