北陸新幹線金沢~敦賀間、開業設備が認可…利便性向上施設も追加

鉄道 行政
北陸新幹線金沢~敦賀間の工事は2022年度末に完了する予定。2023年春には開業する見込みだ。写真は敦賀駅(在来線)。
北陸新幹線金沢~敦賀間の工事は2022年度末に完了する予定。2023年春には開業する見込みだ。写真は敦賀駅(在来線)。 全 2 枚 拡大写真
国土交通大臣は10月6日、鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)が申請していた北陸新幹線金沢~敦賀間の工事実施計画を認可した。土木関係は既に認可されており、今回は軌道や電気関係などの開業設備が認可された。

金沢~敦賀間は2012年6月、用地や土木構造物などの工事実施計画が「その1」として認可され、同年8月に着工した。今回は「その2」として駅設備や軌道、電気、信号・通信、車両検修などの開業設備を追加。また、福井駅と敦賀駅の乗換利便性向上施設も追加された。福井駅は在来線と新幹線のコンコースの高さを合わせるよう計画を変更し、段差が生じないようにする。

工事の完了予定時期は2015年1月の政府・与党合意に基づき、2022年度末に前倒し。工事費は「その1」申請分が約8968億円だったが、開業設備や利便性向上施設を追加した「その2」の認可で約1兆1858億円に変更された。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トラッカーとスマートフォンの活用で、遺失物窓口の負担をどれだけ減らせるのか? 写真はJR東日本東京駅。
  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。
  • 都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。
  • 三峰口駅のSL転車台。
  • 小樽へ向かう10月18日のツアー列車。函館本線朝里~小樽築港。

ピックアップ

Response.TV