【ホンダ ステップワゴン 改良新型】ブルーエナジーのリチウムイオン電池をスパーダHVに採用

エコカー ハイブリッド
リチウムイオン電池「EHW5」
リチウムイオン電池「EHW5」 全 2 枚 拡大写真
ブルーエナジーは、同社が製造・販売しているリチウムイオン電池「EHW5」がホンダが9月29日に発売した新型『ステップワゴン・スパーダ』のハイブリッド仕様車に採用されたと発表した。

スパーダに搭載されている新型リチウムイオン電池「EHW5」は、従来品より17%軽量化と7%小型化しながら、同等以上の容量・出力性能と耐久・安全性能を実現している。

「EHW5」は、減速時に発生する回生エネルギーを効率良く蓄電し、エンジンやモーターをアシストすることで滑らかで力強い加速性能をサポートする。

GSユアサとホンダの合弁会社であるブルーエナジーのリチウムイオン電池は2011年から量産を開始し、2017年8月までに累計70万台以上の車両に搭載され、セル換算では3500万セル以上の実績がある。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ステップワゴン スパーダ
  • ホンダ ステップワゴン ハイブリッド モデューロX
  • ホンダ ステップワゴン モデューロX
  • シエンタ用リアカメラ接続アダプター「RCA094T」(表示切替イメージ)
  • ブリリアンス V9 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レズバニ タンクX
  • ランボルギーニ 新型モデル ティザーイメージ
  • VW T-Roc カブリオレ 

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/10/24/301470.html/article/2017/10/24/301469.html/article/2017/10/24/301471.html