【レクサス LS 新型】デンソー、世界最大サイズのHUDを開発…24インチ大画面

自動車 ニューモデル 新型車
新型HUDによる表示イメージ
新型HUDによる表示イメージ 全 2 枚 拡大写真
デンソーは、自動車用としては世界最大となる約24インチの大画面ヘッドアップディスプレイ(HUD)を開発、11月に発売予定の新型レクサス『LS』に搭載される。

今回デンソーは、ドライバーから見て、約3メートル前方に24インチの画面を投影できる大画面HUDを開発。ドライバーは運転中に視線を大きく移動させることなく、直感的に必要な情報を得ることができる。車速や道路の制限速度といった基本的な情報に加え、車両周辺センサーやカーナビゲーションと連携することで、車両前方の歩行者をドライバーに知らせるための表示や、進行方向を矢印で表示する「レーンガイダンス」が可能となる。

さらに、ドライバーの運転を妨げないよう、各種表示の位置、色調などに配慮しているほか、高輝度表示の採用により日中でも高い視認性を確保した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • レクサス LS
  • トヨタ・ノア(2014年)
  • レクサス LS500h バージョンL(マンガンラスター)
  • ダンロップ SP SPORT MAXX 050 DSST CTT
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ