【東京モーターショー2017】グランツーリスモのために製作された名門復活のコンセプトカー

自動車 ニューモデル モーターショー
グランツーリスモシリーズのプロデューサー、山内一典氏(左)と、ザガートCEOのアンドレア・ザガート氏(右)。
グランツーリスモシリーズのプロデューサー、山内一典氏(左)と、ザガートCEOのアンドレア・ザガート氏(右)。 全 7 枚 拡大写真
東京モーターショーのグランツーリスモブースでは、グランツーリスモのために製作されたという「Zagato IsoRivolta Vision Gran Turismo concept(ザガート・イゾリボルタ・ヴィジョン・グランツーリズモ・コンセプト)」が披露された。

このZagato IsoRivolta Vision Gran Turismo conceptは、1962年から70年に掛けてイタリアの名門、イソが製造したGTカー『イソリヴォルタ』にインスピレーションを受けて製造された。設計はザガートが手掛けており、最新のデザインとテクノロジーで構成されている。

今年で20周年を迎える「グランツーリスモ」シリーズだが、Zagato IsoRivolta Vision Gran Turismo conceptは今月19日に発売された最新作「グランツーリスモSPORT」にも将来的なアップデートで収録されることになっている。モーターショー会場で体験できる試遊機にはすでに反映されており、最速でその挙動を体験することができるという。

《石田真一》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アンソニー・ロー氏(ルノー)
  • 日本自動車工業会 豊田章男 会長
  • 三菱 エンゲルベルクツアラー
  • アルピナ BMW ALPINA XD4 Allrad
  • 日産 フェアレディZ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェラーリ プロサングエ
  • メルセデスベンツ Eクラス カブリオレ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW SMV 市販プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ