コンチネンタル、イスラエルのサイバーセキュリティ企業を買収へ…コネクト事業を強化

自動車 テクノロジー ネット
コンチネンタル、アルガス、Elektrobitの各社の事業統合のイメージ
コンチネンタル、アルガス、Elektrobitの各社の事業統合のイメージ 全 1 枚 拡大写真
コンチネンタルは11月3日、アルガス・サイバー・セキュリティ(以下、アルガス)社を買収すると発表した。

アルガスは2013年、イスラエルに設立。コネクテッドカーや商用車をサイバー攻撃から守るためのソリューションを提供している。顧客は、自動車メーカーやサプライヤー、アフターマーケットの接続プロバイダーなど。

今回の買収によってアルガスは、コンチネンタル傘下のソフトウェア開発企業であるElektrobit社の一員となる予定。なおアルガスは、世界中のすべての自動車サプライヤーとの関係を継続する。

コンチネンタルは幅広い自動車産業におけるノウハウに、アルガスの技術、市場対応ソリューション、自動車サイバーセキュリティの専門知識、Elektrobitの豊富な自動車ソフトウェア知識を組み合わせ、コネクテッド事業を強化していく。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ