クアルコム、ブロードコムの買収案を拒否…会長「車などの分野で現在最高の立場にある」 | レスポンス(Response.jp)

クアルコム、ブロードコムの買収案を拒否…会長「車などの分野で現在最高の立場にある」

自動車 ビジネス 企業動向

クアルコムのC-V2Xコネクテッドカー技術のイメージ
クアルコムのC-V2Xコネクテッドカー技術のイメージ 全 1 枚 拡大写真
米国に本拠を置く半導体大手のクアルコムは11月13日、ブロードコム・リミテッドからの買収案を拒否すると発表した。

クアルコムは現在、第5世代移動通信方式(5G)の実用化に注力。自動車、コンピューター、IoT(モノのインターネット)、データセンターなどの産業において、コネクテッドな通信ネットワークを構築している。

クアルコムと同業のブロードコム・リミテッドは2017年11月上旬、クアルコムを買収する案を発表。しかし、クアルコムはこれを拒否した。その理由は、クアルコムが過小評価されているためという。

クアルコムのポール・E・ジェイコブス会長は、「ブロードコムの提案は、モバイル技術におけるクアルコムのリーダーシップと将来の成長見通しと比べて、著しく過小な評価と、取締役会は全会で一致した。半導体業界のモバイル、IoT、自動車、エッジコンピューティング、ネットワーキングなどの分野において現在、より良い立場をとっている企業はクアルコムの他にない」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

編集部ピックアップ

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集