【ロサンゼルスモーターショー2017】レンジローバー2018年型、SVオートバイオグラフィー初公開予定…565ps

自動車 ニューモデル モーターショー
レンジローバー SV オートバイオグラフィー
レンジローバー SV オートバイオグラフィー 全 5 枚 拡大写真
ランドローバーは11月15日、米国で11月下旬に開幕するロサンゼルスモーターショー2017において、2018年型『レンジローバー』の「SVオートバイオグラフィー」を初公開すると発表した。

同車は、レンジローバー シリーズの最強グレード。ジャガー・ランドローバーのスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が手がけた5.0リットルV型8気筒ガソリンスーパーチャージャーエンジンを搭載。最大出力565ps、最大トルク71.4kgmを引き出す。

このスペックは、歴代レンジローバーで、最もパワフル。その結果、0~96km/h加速は5.1秒と、SUVとしては異例の加速性能を可能にしている。

グラファイトアトラス仕上げのフロントグリルや、リアバンパー内蔵のメタルテールパイプフィニッシャー、22インチホイールなどは専用アイテム。サスペンションは専用チューンされており、車高は標準モデルよりも8mm低められた。ボディカラーには、SVO専用のフィレンツェレッドを用意。室内には、専用のセミアニリンレザーシートが装備されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • レンジローバー SVオートバイオグラフィー ダイナミックブラック
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー・レンジローバー
  • ランドローバー・レンジローバー の50周年記念車「レンジローバー・フィフティ」と初代ランドローバー・レンジローバー
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.4 クーペ版プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV