ランドローバー ディスカバリースポーツ、2018年型の受注を開始…グレード追加で443万円より

自動車 ニューモデル 新型車
ランドローバー・ディスカバリースポーツ(2018年モデル)
ランドローバー・ディスカバリースポーツ(2018年モデル) 全 7 枚 拡大写真
ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ランドローバーのコンパクトSUV、『ディスカバリー スポーツ』2018年モデルの受注を11月22日より開始した。

2018年モデルでは、エンジンラインアップを刷新。設計から生産まで自社で手がけた2リットル直列4気筒ターボガソリンエンジン(最高出力240ps)と2リットル直列4気筒ターボディーゼルエンジン(同180ps)の2種類を新たに導入する。

インフォテインメントシステム「インコントロール タッチ」には、「InControl プロテクト」を標準装備し、スマートフォンのアプリを介して、走行履歴や車両状態を確認したり、緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールに繋ぐことが可能。さらに、オプションの「コネクトプロ」を装着することで、車両から離れた場所でドアのロックや解除、エアコンの操作が可能になるなど、コネクティビティ機能も強化している。

小型SUVながら5+2人用にアレンジできるシートシステムや最大1698リットルまで変化するラゲッジスペースなどは、2018年モデルでも継承。自動緊急ブレーキをはじめとする運転支援システムを搭載したドライバーアシストプラスパックや、内外観の魅力を引き立てるデザインパックなど、パッケージオプションも豊富に取り揃えている。

エクステリアカラーは新色ナルヴィクブラック、バイロンブルー、ナミブオレンジを含む全12色を設定。新たにエントリーグレード「ピュア」を追加し、価格は443万円から763万円となった。


知られざる「道の駅」、地域性やマニア出現…ゼンリンの“その道のプロ”が語った

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジャガー・ランドローバーの車内ノイズ低減システム「アクティブ・ロードノイズ・キャンセレーション」
  • ジャガー I-PACE 改良新型
  • ランドローバー・ディフェンダー
  • ランドローバー・レンジローバー・ヴェラール のPHV「P400e」
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.4 クーペ版プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV