日産、新スポーティーサブブランド「AUTECH」を投入…第1弾 セレナ を初披露

自動車 ニューモデル 新型車
セレナAUTECH
セレナAUTECH 全 3 枚 拡大写真
日産自動車は11月24日、NISMOロードカーのラインアップを拡充するとともに、「NISMO」に続く新スポーティーブランド「AUTECH」を日本国内に投入すると発表した。

両ブランドはともに日産が展開するスポーティーサブブランドとなるが、NISMOが日産モータースポーツ活動をDNAとしたピュアスポーツ志向のブランドであるのに対し、AUTECHは走りの性能をNISMOと共有しながら、カスタムカーづくりで蓄積してきた職人のこだわりを注入したプレミアムスポーティー志向のブランドとして展開する。

NISMOについては今年4月、NISMOロードカーを各市場のコアとなる新たなセグメントにバリエーションを広げていくことを発表。日本市場ではこれまで、『NISSAN GT-R NISMO』『フェアレディZ NISMO』『ジューク NISMO』『ノート NISMO』『マーチ NISMO』の5車種を展開していたが、6車種目して『セレナNISMO』を発売。NISMOロードカーをスポーツカーやハッチバックだけでなく、ライフステージカー市場にも拡大した。

一方AUTECHブランドは、走りのパフォーマンスを追求しながら、より上質で快適なスポーティーモデルを志向する、日本のユーザーニーズに応えるために投入するプレミアムスポーティーブランド。「AUTECH」は、第1弾として初披露した『セレナAUTECH』を皮切りに、NISMO同様、日産のラインアップを基にブランド展開していく。将来的には、オーテックが培ってきた匠の技を活用して内装アイテムの選択肢を増やすことで、プレミアムスポーティーを志向するユーザーの要望に応えていくことも計画している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • NV100クリッパー・リオ・チェアキャブ
  • リーフ・オーテック
  • オーテックジャパン「AUTECH」シリーズ
  • 日産 セレナ e-POWER チェアキャブ スロープタイプ
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真
  • レクサス LC500 インスピレーション シリーズ 2020年モデル Nori Green
  • ポルシェ パナメーラ 高性能モデルの開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/11/24/302902.html/article/2017/11/24/302901.html/article/2017/11/24/302903.html