日産 ノート e-POWER、累計販売台数10万台突破…11か月で達成

自動車 ビジネス 国内マーケット
日産 ノート e-POWER
日産 ノート e-POWER 全 1 枚 拡大写真
日産自動車は11月23日、新電動パワートレインを搭載した「ノート e-POWER」が、2016年11月の発売以降、約11か月間で累計販売台数10万台を達成したと発表した。

新パワートレイン「e-POWER」は、従来の駆動方式とは一線を画す新しい電動パワートレイン。搭載しているエンジンにより発電し、その電力を利用してモーターの力で走行する。これにより、さまざまなシーンや走行環境において、モータードライブならではの力強くレスポンスの良い加速と、優れた静粛性を実現している。

販売を開始した2016年11月は、わずか1か月で1万台以上の販売を記録。その後、2017年2月に累計3万台、3月には累計5万台を突破するなど、着実に販売台数を伸ばしてきた。そして、発売から約11か月となる今年10月末に、10万台の大台を突破した。

日産は、ノート e-POWERの累計販売10万台突破を記念し、11月23日、ポートメッセなごやで開催中の「名古屋モーターショー」会場にて、10万台目のノートe-POWERを購入したオーナーを迎え、記念のセレモニーを行った。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV