ロールスロイス初のSUV、発表は2018年1月…正式名称はどうなる?

自動車 ニューモデル 新型車
ロールスロイスの新型SUV スクープ写真
ロールスロイスの新型SUV スクープ写真 全 9 枚 拡大写真
ロールスロイス初のクロスオーバーSUVが、2018年1月にも正式発表される。発表を間近に控えた生産型プロトタイプが、フロントマスクをかなり露出させた状態で市街地テストを開始した。

ロールスロイスが「ハイボディカー」や「ハイライディング・ビークル」と呼ぶ通称「カリナン」は、あくまでもプロジェクト名であり、正式名称は異なるものになるとアナウンスされている。ロールスロイスの通例では幽霊にちなんだ車名が選ばれているが、この新型SUVではどうなるか。

新型SUVは『ファントム』新型とプラットフォームを共有し、4WDを採用。ファントムに似たレーザーヘッドライトや、力強いエアインテークを特徴とし、新開発のサスペンション・システムも装備するという。新たにアップデートされた情報によると、パワートレインは8速ATと組み合わされる6.75リットルV型12気筒ツインターボエンジンを搭載。最高出力は563ps、最大トルクは900Nmを発揮するという。

また、このクラスのSUVには珍しく、ロールスロイスの代名詞のひとつであるコーチドアや「スプリット・テールゲート」(観音開き)の採用も期待されている。

ロールスロイスの最高経営責任者、トルステン・ミュラー・エドヴェシュ氏が、「ベントレーのSUVは2番であり、ロールス・ロイスが世界最高」と語るこの新型SUVの全豹が見えるまで、あと1か月だ。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!

《Spyder7編集部》

【画像】ロールスロイス初のSUV、発表は2018年1月…正式名称はどうなる?(9枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  3. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  4. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  5. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  6. ついに「四輪操舵システム」搭載!メルセデスベンツ GLC 次期型、登場は2022年前半か
  7. フィアット 500EV に全身レッド仕様、ウイルス対策装備も…欧州発表
  8. キャンピングカーにトイレは必要? 気になる疑問に答える「みんなのアンケート」提供開始
  9. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  10. 世界最速SUVを謳う、ブラバスからメルセデスAMG GLE クーペ 900馬力仕様
ランキングをもっと見る