小型二輪車新車販売、ホンダ大幅減で2か月連続マイナス 11月

モーターサイクル 企業動向
ホンダ CBR400R(2017年)
ホンダ CBR400R(2017年) 全 2 枚 拡大写真
全国軽自動車協会連合会は12月4日、11月の小型二輪車(251cc~)新車販売台数を発表。前年同月比13.0%減の3823台で、2か月連続のマイナスとなった。

シェアトップのホンダは同36.7%減の727台、大幅減で2か月連続のマイナス。2位ヤマハは同3.5%増の673台で4か月ぶりのプラスだった。

カワサキは同0.2%減の602台で2か月連続のマイナス、スズキは同19.8%減の259台で3か月ぶりのマイナス。輸入車などのその他は同6.5%減の1562台で6か月ぶりのマイナスだった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 佐川健太郎氏がショーワの技術を体験取材。アフリカツインで両足ベタ着きが可能な「ハイトフレックス」に驚き
  • カワサキ Ninja650
  • ヤマハ YPJ-MT Pro に試乗する青木タカオ氏
  • ロードエイドネットワーク清水豊 代表理事。
  • ホンダ CBR600RR 新型
  • MVアグスタ・スーペルヴェローチェ(東京モーターサイクルショー2019)
  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV

ピックアップ

Response.TV