マツダ、初代ロードスター レストアサービスの申込受付開始…復刻部品は2018年1月より発売

自動車 ビジネス 国内マーケット
初代ロードスターのレストアサービス(参考画像)
初代ロードスターのレストアサービス(参考画像) 全 2 枚 拡大写真
マツダは12月13日、初代『ロードスター』(NA型)を対象としたレストアサービスのWEB申込受付を開始した。

レストアサービスでは、マツダがオーナーからロードスターを預かり、オリジナルに近い状態にクルマをリフレッシュする。申込みはWEBサイトより受け付け、まずは車両状態などからサービスへの適合性を判断。適合確認が取れた場合、同社ロードスターアンバサダーの山本修弘氏をはじめとする担当者がオーナーと面談し、個別の要望やクルマの状態に合わせてサービス内容を決定し、レストアを本社にて開始する。

WEB申込受付の開始にあたって、山本修弘氏は「事前説明会に600名以上の参加希望が集まるなど、レストアサービスに対する熱い期待を感じている。まだ対象となるモデルや部品は限られているが、ユーザーとともに、このサービスを今後育てていきたいと思う」とコメントした。

またマツダでは、今後もNAロードスターに乗り続けてもらえる幅広い環境作りを目指し、現在供給終了となっている一部パーツの再供給も実施する。オリジナルと同じくバックウインドウを解放できるビニール生地のソフトトップや、トレッドパターンを再現し乗り味にこだわったブリヂストン製タイヤ「SF325(185/60R14)」、ナルディ製ウッドステアリング/シフトノブなど、約150点の復刻部品を2018年1月より販売開始。その他の生産終了部品の再供給についても、引き続き検討を進めていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ MX-5ミアタ(北米仕様)
  • マツダ ロードスター と R360クーペ 100周年特別記念車
  • マツダ・サバンナRX-7、RX-7のリトラクタブルヘッドランプ
  • ロードスター以降のオープン2シーター
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)

ピックアップ